フラクショナルニードルセラピー

ニキビ跡の凸凹・開いた毛穴・傷跡・二の腕のブツブツ(毛孔苔癬)・妊娠線・小じわなど

フラクショナルニードルはセラピー開いた毛穴、ニキビ跡の凸凹、傷跡、妊娠線、二の腕のブツブツ(毛孔苔癬)、小じわなどに効果的です。

皮膚に極微細な穴をあけることで、創傷治癒により新しい肌に入れ替え、 成長因子の分泌によりコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが増殖。

電動式ダーマスタンプを用いて、皮膚に極微細な穴をあけていくことで、創傷治癒を促し、皮膚の再生、入れ替えをおこないます。皮膚に極微細な穴があくと、そのできた傷に対し、その傷を治そうと自身の皮膚の細胞から様々な成長因子が分泌され、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどが増殖します。つまり成長因子は細胞の成長や傷の回復を早める働きがあり、肌を元気にし、若返らせるための重要な役割を担っています。成長因子はそもそも体内に存在するものですが、24歳位を境に、老化とともに減少傾向を示します。 微細な傷を作ることにより、自然治癒力にスイッチを入れ、自身の細胞からの成長因子の分泌を促すとともに、さらに、成長因子製剤を用いることにより、よりしっかりとした質と濃度と量の成長因子を、微細な穴から真皮層にまで届けることができるので、より効果的な皮膚の再生が行われます。


従来より痛みが少なく、むらのない治療と治癒の早さが特徴


電動式ダーマスタンプでは、従来のダーマローラのように、針が皮膚に斜めの角度で刺入することがないので、痛みが軽減されており、さらに作られる微細な傷も挫滅が少ないので治癒が早く、出血や赤みが少ないのが特徴です。また、ダーマローラよりも均一にむらなく治療でき、これまでは難しかった細かい部分の治療も行うことができます。
アタッチメントは一回ごとに使い捨てなので、非常に衛生的です。
針の長さを調節することができ、改善したい悩みによって治療する深さを変え、しっかりと効果を出していきます。
化粧品とフラクショナルニードルセラピーの比較
フラクショナルニードルセラピーは皮膚に微細な穴をあけ、高機能な薬剤を浸透させることでしみなどの老化要素を除去し、皮膚の治癒過程で成長因子の分泌を促して老化した皮膚を回復させしわ・たるみなどを改善します。 化粧品は表皮に残り、皮膚を保護しますが表皮層より奥の老化要素は除去しません。

施術可能部位

粘膜以外の全身
頭髪部分にも可能です。(脱毛症の方の治療にも用いられています。)

治療の流れ

施術前|施術部位に麻酔クリームを塗布し30分~1時間程度おきます。 (診察後であれば事前に麻酔クリームをお買い求めいただき、ご自宅から塗ってきていただくことも可能です。) 施術|オートダーマスタンプで皮膚に微細な穴をあけながら薬剤を浸透させていきます。 (薬剤はグロースファクター・プラセンタなどからお選びいただけます。料金込み) クーリング|クーリングし終了です。

治療間隔

2週間~1カ月に一回の間隔で3~6回(症状によって個人差があります)。

料金

フラクショナルニードルセラピーの料金


塗りながら施術する薬剤について

受けられない人

  • 血が止まりにくい人(血が止まりにくくなるような薬を飲んでいる人)
  • 金属アレルギーがある人
  • ケロイド体質の人

施術後の経過と注意事項

  • 麻酔クリームでの表面麻酔を行い施術を行いますが、まったく痛みを感じないわけではありません。また、麻酔が切れると軽い痛み、ほてり感がでることがあります。2〜3時間で沈静化する程度です。
  • 3〜4日は小さなかさぶたが生じたり軽い発疹やむくみができる人もいます。
  • 施術後、4時間ぐらいはメイクをされない方が理想的です。
  • 施術後は皮膚の老化を防ぐため、日焼け止めをつけてください。