がんの補助療法としての超高濃度ビタミンC点滴

超高濃度ビタミンCは正常な細胞に影響を与えずがん細胞だけに選択的に作用しダメージを与えます。副作用もありません。

超高濃度ビタミンC点滴療法とは?

超高濃度ビタミンC点滴療法とは? 超高濃度ビタミンC点滴療法は、ライナス・ポーリング博士(ノーベル賞を2回受賞)によって発見された、驚くべきがんの補完療法です。
最近では、「超高濃度ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、がん細胞だけにダメージを与える、副作用のない理想的な抗がん剤である」と米国国立衛生研究所や米国国立がん研究所などによって発表されました。

超高濃度ビタミンCががん細胞に選択的に作用しダメージを与える

糖を栄養とするがん細胞は、構造が類似したビタミンCを積極的に取り込みます。 その際、毒性のある過酸化水素が大量に発生します。 がん細胞は過酸化水素を除去する酵素が乏しいため、結果として死滅します。(正常細胞は過酸化水素を分解する酵素を持っているので、影響がありません。)

血中濃度が高いほど「がん」が死滅しやすい

50%のがん細胞が死ぬビタミンC濃度(mM)
高濃度ビタミンCは正常細胞には影響を与えないが、がん細胞にダメージを与える
(資料:米国国立衛生研究所)
高濃度のビタミンCの各細胞への影響
ビタミンCの血中濃度が高いほど、がん細胞の生存率が低くなり、死滅させる可能性がある。
(資料、米国リオルダンクリニック)

次のがんでお悩みの方に超高濃度ビタミンC点滴治療をお勧めします。

米国では次のがんへの治療効果が報告されています。

  • 乳がん
  • 前立腺がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 直腸がん
  • 肺がん
  • 悪性リンパ種
  • すい臓がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 膀胱がん
  • 腎臓がん
  • 多発性骨髄腫
  • など
  • 有効な治療法がないがん
  • 現在抗がん剤や放射線療法をしている
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用を和らげたい
  • 再発が心配な方、転移予防
  • など

詳しくは医師にご相談ください。
点滴に使用するビタミンC製剤は、冷蔵管理して輸入された防腐剤無添加のものを使用しています。

超高濃度ビタミンC点滴療法の特徴

QOLの向上

超高濃度ビタミンCはがん細胞にダメージを与え、死滅させる可能性があります。その際、抗がん剤と異なり、嘔気や嘔吐、脱毛といった副作用がありません。抗がん剤や放射線治療との併用で効果が高まるだけでなく、低濃度で抗がん剤の副作用を軽減、高濃度で腫瘍の成長を抑制します。 結果としてQOL(生活の質)が改善します。

免疫力があがる

超高濃度ビタミンC点滴を受けている人は、風邪やウイルス感染症にかかりにくく、またかかっても治りやすくなります。超高濃度ビタミンCは体力を回復させるとともに、免疫力を向上させます。

消炎・鎮痛効果がある

超高濃度ビタミンCは活性酸素を除去し、炎症を抑えます。また、患部の腫れや痛みを改善し、体の回復を早める効果があります。 またがんに影響を与える新生血管の成長を抑えることもわかっています。

点滴療法Q&A

必ずガンに効きますか?
残念ながら、単独の治療だけでは「効く」と 言える効果は難しいかもしれません。あくまで補助療法として副作用の軽減、ガン進行を遅らせる効果と考えてください。
現在、抗がん剤の治療を受けていますが、超高濃度ビタミンC点滴療法との併用は可能ですか?
超高濃度ビタミンC点滴療法は、抗がん剤と異なり、副作用がありません。ほかのがん治療との併用が可能で、相乗効果が期待できます。また抗がん剤の副作用を軽減させるだけでなく、併用することでがんを縮小しやすくなると言われています。
超高濃度ビタミンC点滴療法を受けるメリットを教えてください。
手術、抗がん剤、放射線などの治療と併用すると、相乗的に治療効果が上がります。 また弱った身体を修復して、治癒力や免疫力を高めて足のしびれ、下痢や嘔気などの副作用を軽減する作用があります。
治療の間隔や期間について教えてください。
ビタミンCは少量(25g)の投与量から開始し、段階的に治療レベルまで増量します。抗がん作用を発揮する超高濃度ビタミンCの投与量は およそ50g~100gとされています。 その効力を発揮するためには、通常週2回の点滴が必要です。治療の期間は症例によって変わります。
1回の点滴の時間はどのくらいですか?
超高濃度ビタミンCの量次第で変わります。 たいてい1〜2時間です。
効果が出るのはいつ頃ですか?
個人差はありますが、抗がん剤や放射線治療の副作用で体調が悪い方は、2−3回点滴を受けるだけでもQOLがよくなります。 継続治療が効果的ですので担当医とご相談ください。
超高濃度ビタミンC点滴療法は小児がんにも適用できますか?
適用できますが、がんの種類や症状にもよるので担当医師とご相談ください。
ビタミンCを経口摂取することで同じ効果を得ることができるでしょうか?
がん細胞を死滅させるには、ビタミンCの血中濃度を一般の通常値の250~600倍にする必要があります。 サプリメントなどでの経口摂取では、その濃度に達しません。しかし、毎日ビタミンCを摂取することは大事なことです。
G6PDテストとは何ですか?
G6PDは抗酸化成分の濃度維持に重要な赤血球にある酵素です。この酵素が遺伝的に欠損していると、超高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こすことがあります。日本人には稀ですが、この酵素の検査を事前に行い、安全に超高濃度ビタミンCを受けられるか確認します。
超高濃度ビタミンC点滴療法は健康保険が適用されますか?
現在、超高濃度ビタミンC点滴は保険診療の対象外となるため、治療費は全て自己負担になります。
治療期間中、食事や運動で気をつけることはありますか?
他の病気で制限されていなければ、何を食べても大丈夫ですが医師の食事指導には従ってください。 また運動は基本的には制限はありません。
超高濃度ビタミンC点滴はどのクリニックで受けても同じ効果が得られますか?
クリニックによって効果が異なることがあります。 安全かつ効果的に点滴をうけるためには下記の2点を確認してください。

1.医師が超高濃度ビタミンC点滴に関する正しい知識を持っていること
2.点滴用ビタミンC製剤が冷蔵で輸送、保存されていること。

料金(税別)

高濃度ビタミン C 点滴療法
初回25g 9,000 円
25g1回 15,000円
25g3回 40,000円
50g1回 18,000円
50g3回 49,000円
血中ビタミンC濃度測定1回 5,000円
G6PD欠損症検査1回 8,000円
ガンの補助療法として点滴する場合、投与量頻度の決定のため、直後の血中ビタミンC濃度の測定を行うことがあります。50g以上での点滴を定期的に受ける予定の方は、G6PD欠損症の有無を調べる必要があります。