訪問歯科診療センター

歯科治療や専門的口腔ケアを通じて、誤嚥性肺炎の予防、栄養状態の向上を目指しています。また、「食べられない、飲み込めない」という症状に対して、食べる機能を支援する摂食嚥下リハビリテーションという新しい取り組みを行っています。

訪問歯科診療センター

わたしたちの目標

口の機能を最大限に引き出すことで、食べる楽しみの回復飲み込みを支援低栄養・脱水の改善誤嚥性肺炎の予防になります。


咬むための歯の治療(咀嚼)飲み込む治療(摂食嚥下)口の機能を最大限に引き出し、全身の衰え(フレイル)を防ぐ

オーラルフレイルについて(日本歯科医師会)

わたしたちの取り組み

住み慣れた場所、安心して過ごせる場所で、すべての患者さんとご家族が病気や障害の程度に関わらず幸せに生活するために、歯科を中心とした療養支援を行っています。
入れ歯などの歯科治療や専門的口腔ケアを通じて、誤嚥性肺炎の予防、栄養状態の向上を目指しています。また、「食べられない、飲み込めない」という症状に対して、食べる機能を支援する摂食嚥下リハビリテーションという新しい取り組みを行っています。
それぞれの患者さんの想いを大事にして、それぞれの幸せを考え、診療内容を調整して参ります。どうぞお気軽にご相談ください。

住み慣れた自宅で、住み慣れた町で、すべての患者さんが病気や障害の程度に関わらず安心して過ごせるように、歯科を中心とした療養支援を行っています。

飲み込み障害を起こしやすい主な病気

  • 脳卒中など脳血管障害(脳梗塞など)
  • 認知症(アルツハイマーなど)
  • 神経変性疾患(パーキンソン病など)
  • 神経障害(神経麻痺、ニューロパチーなど)
  • 重症筋無力症
  • 筋ジストロフィーなど多種多様

基礎的な病気がなくても、加齢によって嚥下障害を起こすことがあります。

主な診療内容

  • お口のトラブルを
    解決するための
    通常の歯科治療
    (入れ歯、むし歯など)
  • 誤嚥性肺炎予防を
    目的とした
    専門的口腔ケア
  • 飲み込み機能を評価する
    嚥下内視鏡検査(VE)
  • 食べる楽しみや機能を
    回復させる摂食嚥下
    リハビリテーション 等

訪問歯科診療チームのご紹介

東京医科歯科大学教授の古屋純一先生による専門的診療サポートを受けながら、歯科医師や歯科衛生士が、医師や看護師、言語聴覚士、ケアマネージャーや総合病院と医療福祉連携をとり、食を支援する歯科専門職チームとして活動しています。 他に、皮膚科・フットケア部門をご紹介できます。

担当医

郷田 瑛

郷田 瑛

東京医科歯科大学卒、同大学院卒、歯学博士
第53回口腔外科学会優秀口演賞受賞
古屋 純一

古屋 純一

(東京医科歯科大学大学院教授
摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
日本老年歯科医学会専門医
日本補綴歯科学会専門医

設備

持ち運び歯科治療ユニットや器材、嚥下内視鏡、レントゲン、専用訪問車などの充実した設備で伺いますので、ご安心ください。

持ち運び歯科治療ユニット/専用訪問車

診療開始までの流れ

(1)電話またはFAXでお申し込み

まずはお電話またはFAXでお申し込み下さい。緊急処置が必要な場合は、当日対応も可能です。

FAX用お申込用紙(PDF)

(2)訪問日時を決定

基本的には予約制になりますので、日時を調整させて頂きます。急患対応は、その旨をお申し出ください。

(3)初回訪問で、ご相談内容の確認と応急処置

ご都合の良い時間帯に伺い、訪問歯科診療についてご説明させて頂き、治療計画についてご相談させて頂きます。ケアマネージャーにご同席いただき、ケアプランに合わせて診療計画を立てることも出来ます。 必要に応じて、当日に処置を行います。

(4)訪問診療、口腔ケアの開始

診療計画に基づき、状態の変化に合わせて、診療を行っていきます。1回の診療時間は30分前後が目安です。嚥下評価のため、実際にお食事に立ち会わせて頂くこともあります。

訪問診療Q&A

Qだれでも訪問診療が受けられるのですか?

Aお一人で通院が困難な方が対象になります。例えば、お一人では起き上がれない方、介護が必要な方、車いすで生活されている方、障害をかかえていらっしゃる方などです。

Q費用はどのくらいかかりますか?

A健康保険と介護保険の範囲内で、1割負担の場合1回約2000〜3000円前後になります。ただし、治療内容、各種給付・助成、負担割合によって異なります。

Q施設に入居していても大丈夫ですか?

A基本的には可能です。施設のケアマネージャーや内科医師との調整が必要な場合があります。

Q申し込みには医師の紹介状が必要ですか?

A訪問診療の申し込みは、紹介状が無くても出来ます。病状などを知る上で、医師の紹介状があれば望ましいです。

訪問範囲

逗子から16Km圏内

逗子から16Km圏内になります。逗子市、葉山町、横須賀市、鎌倉市などですが、一部できない地域もあります。

訪問診療センター連絡先

電話
046-874-5508
FAX
046-871-8688

地域連携病院

横浜南共済病院 / 横須賀共済病院 / 横須賀市立市民病院 / みなと赤十字病院 / 東京医科歯科大学附属病院

メディア掲載

タウンニュースに掲載されました。

タウンニュース掲載
クリックで拡大