保険一般診療について

皮膚科一般診療

皮膚とは人間の身体を包んでいるものです。 外界の刺激からのバリアとなり、内側からの漏出を防ぎます。 その方の健康状態を如実に映し出す鏡ともいえます。 美しく健康な皮膚を保つことは、全身の健康へつながります。

皮膚科で扱う疾患

手足、顔、身体から耳、鼻、口の中まで眼で見える範囲が皮膚科の診察範囲です。 さらに皮膚の付属器として爪や毛があります。爪や毛髪の疾患も皮膚科で扱っています。
  • 湿疹・皮膚炎/アトピー性皮膚炎、じんましん、かぶれ、虫刺され、脂漏性湿疹、あせも、手あれなど
  • ウイルス感染症/イボ、帯状疱疹、ヘルペス、水イボなど
  • 真菌感染症/水虫、癜風、カンジダ症など
  • 細菌感染症/とびひ、ニキビ、蜂窩織炎など
  • 付属器疾患/ひょう疽、円形脱毛症など
  • 当院では、保険適応疾患の治療を皮膚科一般診療として行っております。
  • 皮膚に関するお悩みは何でもお気軽にご相談ください。

形成外科一般診療

形成外科とは、主に体の表面、つまり目に見える部分の病気の治療を行う科です。 よく整形外科と、間違われますが、整形外科では主に骨や筋肉を扱うのに対し、 形成外科は皮膚と皮下組織を扱います。 (その他、顔の骨などは形成外科で扱われます。) 目に見える部分ですから、できるだけ傷跡を綺麗にしたり、目立たなくすることを念頭に置いて治療し、体表面の形・色・匂いまでをできるだけ正常に近づけることを目的としています。

形成外科で扱う疾患について

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

当院では、保険適応の疾患の保険治療を形成外科一般診療として行っております。

ただし、現在の保険システムでは、美容に関するお悩みは病気ではないため保険適応とはならず、保険適応の疾患であってもより美しく治すという工夫(保険で認められていない新しい施術や薬、創傷被覆材など)を加えると混合診療と判断されてしまうことがあります。 当院ではよりよい結果を出すために、患者さまの症状・ご希望によって保険での治療以外に自費での治療をご提案する場合がございます。 また、当院は個人クリニックであり、大がかりな設備を必要とする全身麻酔の手術などは行っておりませんが、横須賀市立市民病院形成外科や、院長の出身校である東京医科歯科大学形成外科などと密に連携をとっておりますので、適宜ご紹介させていただきます。 当院はレーザーを中心に、より新しい治療を行っておりますが、当然のことながら既存の治療をベースにさらに患者さまのQOL(生活の質)を向上させることを一番と考えております。 どうぞ、お悩みのことがあればぜひ一度診察にお越しください。

歯科一般診療

歯科とは、主に歯を対象とするように思われますが、頬や上下顎など口の周囲から舌、喉までの範囲を対象とし、発音する、咬む、飲み込むなどの口腔機能の障害も対象とします。一部は、形成外科や耳鼻咽喉科と重複します。

一般歯科で扱う疾患について

むし歯・歯周病・ドライマウス(口腔乾燥症)・金属アレルギー・顎関節症・口腔癌・舌癌など

当院では、保険適応の疾患について保険治療も可能です。

ただし、現在の保険システムでは、最新医療技術は保険適応とはならず、保険適応の疾患であってもより美しく長持ちさせるという工夫(最新材料や新しい術式、薬など)を加えると混合診療と判断されてしまうことがあります。

当院ではよりよい結果を出すために、患者さまの症状・ご希望によって保険での治療以外に自費での治療をご提案する場合がございます。

また、当院は個人クリニックであり、大がかりな設備を必要とする全身麻酔の手術などは行っておりませんが、出身校である東京医科歯科大学付属病院、三井記念病院などと密に連携をとっておりますので、適宜ご紹介させて頂きます。

当院はインプラントを中心に、より新しい治療を行っておりますが、当然のことながら既存の治療をベースにさらに患者さまのQOL(生活の質)を向上させることを一番に考えております。

どうぞ、お悩みのことがあればぜひ一度診察にお越しください。

▲ページの先頭へ