逗子市・逗子メディスタイルクリニックのドライマウス(口腔乾燥症)


日本での患者数は約800万人と推定され、テレビなどでも取り上げられている注目の現代病です。唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状すべてを指します。

まだ医師に相談しないで悩んでいる方が多いのが現状です。


ただの口の渇きとあなどってはいけません。是非、ご相談下さい。



ドライマウス(口腔乾燥症)|こんな症状の人は要注意!

ドライマウス(口腔乾燥症)症状・症例|口が渇く・のどが渇く

ドライマウス(口腔乾燥症)症状・症例|口の中がネバネバする・ パンやクッキーなどを食べられない

ドライマウス(口腔乾燥症)症状・症例|味がおかしい・食べ物を飲み込むのがつらい

ドライマウス(口腔乾燥症)症状・症例|舌先がヒリヒリする・ 口臭がある



逗子市・逗子メディスタイルクリニック|ドライマウスを引き起こす様々な原因糖尿病・薬の副作用・老化シェーグレン症候群・腎不全・更年期障害・ストレス・筋力の低下・薬の副作用
逗子市・逗子メディスタイルクリニック|ドライマウスが引き起こす症状異常乾燥感・不快感・上部消化器障害・感染症・口臭・摂食嚥下障害・会話困難・味覚障害・ウ蝕・歯周病舌痛症


近年では、糖尿病、降圧剤の服用、ストレスによるドライマウスが特に増えてきています。これらは気づきにくいことが多いので、注意が必要です。


逗子市・逗子メディスタイルクリニックのドライマウス(口腔乾燥症)、唾液の減少の原因を探るための検査方法

問 診

原因を探るために情報を分析します。


唾液の量の検査

ガーゼやガムを噛むなどの簡単な検査です。


唾液腺の検査

必要があれば、レントゲンやMRI, CT, 唾液腺造影で確認します。


血液検査

必要があれば、全身の状態を細かくチェックします。


シルマーテスト

涙の量の検査:シェーグレン症候群の検査として行います。


口唇生検

シェーグレン症候群を疑う場合、局所麻酔をして、下唇の内側から小唾液腺を摘出し、検査する場合もあります。

 

逗子市・逗子メディスタイルクリニックのドライマウス(口腔乾燥症)、唾液の減少の治療方法


まずは検査で原因を探る事が大事です


ドライマウスは良く見かける疾患になってきましたが、上で示した通り原因は様々ですので、検査結果に基づき、各個人に合わせた治療法、対処法を行います。
まずは、原因を探ることが大事です。