高濃度ビタミンC点滴

ガン予防、アトピーの改善、乾燥肌の改善で保水力のUP、メラニン合成の抑制、
     コラーゲンの生成促進、皮脂の分泌コントロール、免疫力UPと美容や生活習慣病


高濃度ビタミンC点滴でフレッシュ・UP

高濃度ビタミンC点滴で期待できる効果

  • しみ・しみ予防
  • 抗ストレス
  • 肝斑(美白効果)
  • 抗アレルギー
  • にきび
  • 疲労回復
  • コラーゲンの生成促進
  • 老化予防
  • しわ・たるみ・くすみ
  • 肩こり改善
  • 皮脂の分泌コントロール
  • ガン予防
  • 乾燥肌改善で保水力UP
  • 免疫力UP
  • アトピーの改善
  • 風邪予防

極度の疲労を感じているなど、何をしても疲れが取れないときの倦怠感が解消されます。高濃度ビタミンC点滴&プラセンタ点滴の定期受診で白髪がなくなったという人も! その他、動脈硬化による脳梗塞、心筋梗塞などの予防。


ビタミンCの血中濃度が急激に高まることで老化の原因とされる活性酸素を除去

静脈内に、高濃度のビタミンCを点滴することにより、内側から様々な効果を得る目的で行われる点滴治療の1種です。内服での摂取とではくらべものにならないほど高濃度な状態のビタミンCが摂取でき、体内の血中濃度が急激に高まることで老化の原因とされる活性酸素が除去され、多くの抗酸化作用が得られます。
この抗酸化作用により、ガン予防、アトピーの改善、乾燥肌の改善で保水力のUP、メラニン合成の抑制、コラーゲンの生成促進、皮脂の分泌コントロール、免疫力UPと美容や生活習慣病にも効果があり、その即効性は抜群です。肌荒れやシミ、ひどく疲れていて、疲れが全くとれない人やニキビができやすかったり、アトピーやアレルギーなどで肌の状態が安定しない人、冷え性の人、肩こりや腰痛のひどい人にもおすすめの治療です。 即効性もありますが、定期的に行う継続療法で効果が持続するといわれています。

料金(税別)

1回 15,000円
3回分回数券 45,000円
 

さらに効果をアップしたい方へ 併用療法のすすめ

有効成分は経皮(肌への塗布)より経口(内服)よりも血液からダイレクトに取り入れたほうが吸収が良いのは常識です。美容液やサプリとは比べものにならない量を短かい時間で摂取して満足感いっぱいの即効性を感じられるでしょう。 特にレーザーや光の治療をされると、肌でのコラーゲン生成が促されます。その際、必要なのはアミノ酸、鉄、そしてビタミンCです。 美肌治療の際に、同時進行で点滴を入れつつ行うことで相乗効果を期待できます。


高濃度ビタミンC点滴と併用がおすすめの治療



ビタミンC 自体の効果・効能

ビタミンC は女性なら誰もが一度はその美容効果について聞いたことがあると思います。しかし、残念ながら体内では生成されません。抗酸化作用、肌の老化抑制作用をもっているもので、腎機能に問題なければ尿に出てしまうので、過剰摂取量の上限が無いことも有名です。



高濃度ビタミンC点滴療法

ガンの補助療法として「高濃度ビタミンC点滴療法」というものがあります。
近年大変話題になっているものですが、この療法は単なる美容目的や疲労回復目的の点滴治療とは違い、ガン患者の病状に合わせて的確な点滴薬剤の配合が求められ、効果的に安全に行う治療で、点滴療法の深い知識と経験が絶対的に必要な大変重要な療法です。 この療法はあくまでも代替医療の枠内で、抗ガン剤に代わって、ガンを治すものではないとされていますが、実際は抗ガン剤の使用量を減らすことができたり、延命に一役買っていると考えられ、ガン患者に対しても積極的に行われ、効果を上げているものです。 高濃度のビタミンC は、正常細胞へ影響を与えずにガン細胞のみにアタックして、副作用のないガンの治療につながるもので、さらにはウィルス感染症治療に対しても役に立つものとして、アメリカの公的機関の研究所より公式に発表されています。



高濃度ビタミンC点滴療法の副作用

基本的に、ビタミンCそのものに副作用というものはないと考えてよいのですが、高濃度ビタミンC点滴療法では、ごくまれに以下のような副作用が出ることがあります。

(1)点滴刺入部位、あるいは血管に沿った痛み
これは比較的多く見られます。ビタミンCの量や点滴の速度、血管の状態などが関係します。大量のビタミンC点滴は浸透圧が高いため、痛みの原因となります。こういった条件で起こる痛みに対しては、温めたり、点滴の速度をゆっくりにしたり、点滴の中にマグネシウムを加えることで対処します。また、点滴という行為に伴う、針を刺すことによる痛みは、普通の点滴と同程度にあります。通常、採血をするのと同じ太さの針を用いますので、特別に痛みが強いわけではありません。

(2)溶血 一回目の点滴の前に必ず検査をさせていただいています。(別料金8000円)
G6PDという酵素が欠損している人に限って起こるのですが、この酵素欠損は人種に偏りがありアフリカや地中海の周辺に住んでいる人種にほぼ集中して、日本人には非常に稀ですから、まず心配はありません。繰り返しビタミンC点滴を受けられる場合、あるいは25gより多く点滴する場合、検査をせずにこの疾患があると、溶血つまり赤血球が壊れていく、ということがあります。当院では一回につき25gの投与量ですので必ず初回時に検査が必要です。

▶高濃度ビタミンC点滴に関するブログ記事はコチラ!

▲ページの先頭へ