ボトックス|神奈川県逗子市の歯科医院。逗子のインプラント・歯周病・美容皮膚科・形成外科・歯科・矯正歯科 - 逗子メディスタイルクリニック    

ボトックスBotox Injections

しわ・多汗症・ワキガ・小顔

エラボトックス

ボトックス治療とは、A型ボツリヌス菌毒素を注射することによって、筋肉の動きを抑制する作用を応用した治療です。
アメリカでは現在美容施術の中でもっとも数多くされている治療といわれています。
(写真はエラボトックス症例です)

このようなお悩みに

多汗症・ワキガ

注射されたボトックスが汗腺に働き、汗の分泌を抑えます。
多汗症でお悩みの方はボトックス注射のみ、 ワキガがお悩みの方はレーザー脱毛をプラスすることでさらに匂いの元を減らします。
効果は2~4週くらいから発現し、半年ほど持続します。

しわへの効果

眉間や額・目じりのカラスの足跡・あごの梅干しじわなど、シワを作る筋肉の過剰な収縮を弱め、シワをなくしていくことができます。
また、これ以上しわが深くならない、予防効果があります。 ボトックス注入後24~48時間で効果が発現します。
注入後1週間までは、おでこや眉間のしわ治療の際、軽い眼瞼下垂(がんけんかすい)やまぶたが重くなったような感じがすることがあります。
また、表情が出来にくくなることから、「仮面様顔」を呈することもあります。
しかし、2週間程度でほぼ改善することが多いので、しばらく様子を見ます。効果の持続は5~6ヶ月ですが、最大効果は2~4ヶ月です。
効果が無くなったと感じたら、続けて注射治療をすることができます。 継続して治療することで効果の持続期間が長くなります。

小顔

ぐっとかみしめた時に硬くなり盛り上がる、エラの部分にある『咬筋』にボトックスを注射します。 1回目は注射してから筋肉の動きが抑制され、徐々に筋肉の大きさが小さくなるため1~2ヶ月程度かかります。
効果は3~6ヶ月くらいすると弱まってきます。この頃が2回目の治療のタイミングです。2回目の治療効果は1週間程度で現れ、1回目より大きな効果が期待できます。
治療を何度か繰り返す内に、効果が長く続くようになります。これはボトックスが効いている一定の間、エラの筋肉があまり使われず筋力が弱まるため、小顔効果が長く続くようになると考えられます。
ボトックスを注射することで、ものが咬みにくくなったり、話しづらくなったりすることはありません。

症例

ボトックス眉間前
ボトックス眉間後
目じり治療前
目じり治療後

副作用

  • 注入部位の違和感や重さを感じることがあります。これはほぼ必ず生じると言ってもいいでしょう。
  • 眼瞼下垂が生じることがあります。もともと額の筋肉を使ってまぶたを持ちあげていた方などに起こりえます。
  • リスクの高い方にはあらかじめボトックス注入をお断りすることがございますが、それ以外の方でもまれですが注入部位によって、目が開きづらくなるという症状が生じる場合がございます。
  • 注射後にごしごし擦ったりなさらないようにして下さい。