レーザートーニング|神奈川県逗子市の美容皮膚科・歯科医院。逗子のインプラント・歯周病・美容皮膚科・形成外科・歯科・矯正歯科・訪問歯科診療 - 逗子メディスタイルクリニック    

レーザートーニングLaser Toning

肝斑・毛穴の開き・くすみの改善

QスイッチYAGレーザーによる新しい治療法です。

肝斑・毛穴の開きに効果を発揮します。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、“レーザートーニング”は非常に注目されています。
肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

“レーザートーニング”でもっとも重要なのは、レーザーが照射される形です。通常、レーザーを照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなります。
しかし、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。
当院では、炎症を起こさせないくらいの弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していったり、肝斑の原因となる血管の活性を抑えることで、肝斑を治療します。

レーザートーニングによる肝斑治療の際にはトラネキサム酸の内服の併用をお勧めします。

レーザーフェイシャルに比べ、お肌の深い層まで届く波長を利用しています。
レーザーフェイシャル・レーザートーニングを交互に行うことで、お肌により透明感が出てきます。

治療の流れ

    • クレンジング
    • クレンジングを行います。
    • レーザー照射
    • 弱い出力で肝斑部分にレーザーを照射していきます。
      パチパチと軽い痛みを感じる事があります。終わるころにはほんのりと全体が温かくなります。
    • お化粧をして帰宅
    • 保湿までしっかりと行います。その後は普段通り、メイクして帰宅して頂けます。

肝斑の原因とアフターケア

日焼けに十分注意し、ドクターのアドバイスのもと、お肌に負担をかけない正しいスキンケアで再発を予防します。

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方、またはその可能性のある方
  • レーザー照射部位に金属埋没糸またはアートメイクをされている方
  • 光線過敏症の方
  • 光によりてんかん発作が誘発される方
  • ヘルペスの既往のある方(再発のリスクがあります)など

施術間隔と回数

症状によりかなり個人差がありますが、一週間に一度のペースで4~5回の照射を1クールとお考えください。
ただし、毎週ご来院頂けない場合でも、ご本人の可能なペースで治療を進めていきますのでご相談下さい。
また、イオン導入などのクリニックでの他治療・自宅での外用薬のご使用など、いくつかの治療を組み合わせて行うことで、さらに効果が出てきます。

料金

30,000円(部位により値段が異なります。)

リスク/ダウンタイム
照射中はパチパチと音がします。個人差はありますが、油撥ねのような感じです。

メディスタイルの診療科一覧

※料金は各診療ページもしくは、料金ページにてご確認ください。
※リスク/ダウンタイムは各診療ページでご確認ください。