インプラントのリスク管理|神奈川県逗子市の美容皮膚科・歯科医院。逗子のインプラント・歯周病・美容皮膚科・形成外科・歯科・矯正歯科・訪問歯科診療 - 逗子メディスタイルクリニック    

インプラントのリスク管理

良い点ばかりが強調されるインプラント治療ですが、欠点もあります。医療に失敗は許されないので、長所と短所をよく理解した後に、きちんとした対応策をとることが大事だと考えています。
世界で実際に起こった事故例を参考にさせて頂くと共に、インプラントの弱点をご説明させて頂きます。 ご自身のインプラント治療のリスクを減らす参考にして下さい。

1.インプラントの事故例

現在のインプラントは研究が進み、とても信頼性の高い治療になってきています。しかし、以前として高度な歯科医療であることには変わりはないので、従来のむし歯治療中心に診療を行ってきた歯科医師には難易度が高い治療・・・のはずですが、ご存じのようにインプラントの看板を掲げている歯科医院はとても多い。1回の大ざっぱな講習会を受けて、インプラント認定医を掲げている歯科医師もいる。当然のように、むし歯治療と同じ診療台で、歯を削るように患者を並べてインプラント手術を行う。こういった行為は、患者を冒涜していると言っても過言ではない。これは医療者側が抱える社会問題。
そんな中、当然事故が起こる。感染に始まり、唇の麻痺、慢性の副鼻腔炎、動脈の損傷、骨髄炎。さらには、僕が調べたところ世界で2例ではありますが、死亡例まである。その中の1件は、東京のクリニックの事件だった。失敗したインプラントの使い回しという悪質な事件まで愛知で起こった。過剰なインプラント価格競争により、心まで疲弊していった歯科医師も多い。それらは、一見しただけでは見抜けないところが、また怖い。
また最近は、上顎洞(副鼻腔)の慢性炎症や痛みなどの問題が急増しています。上顎のインプラント埋入にも注意が必要です。詳しくは、上顎洞とインプラントをお読み下さい。

 

対応策:医療設備をチェック。そして信頼できるドクターかどうかを判断するために、どのような教育を受けてきたのかを知ることが大事。海外では、医師が自分の教育の経歴を明示するのは当然のこととして受け止められています。

2.高度な知識と技術が必要

歯を削るのと、骨を削るのは全く違います。顎骨の周囲には、上顎では上顎洞、鼻腔、眼窩、内頸動脈、大口蓋動脈、前上歯槽動脈などがあり、下顎では下歯槽動脈、下歯槽神経、オトガイ神経、舌動脈、舌神経、舌下動脈、オトガイ棘上孔、臼後孔などがありますが、これを全てスラスラと言える歯科医師は少ないでしょう。これらの危険部位は、歯からは遠いので、歯を削る上で、ほとんど気にする必要はありませんが、骨を削るとなると話は全く別です。損傷しないように、常に気を配らなければなりません。適切な治療計画と、それを実行できる高度な技術が求められます。
高いレベルの医学教育を受けた者でしか、インプラント治療はできません。一朝一夕に、インプラントドクターは生まれません。

対応策:高いクオリティを保ち続けるために、常に研鑽を続けているドクターであるかどうかをチェック。

3.適応外の方も ~可能か、不可能かの診断~

インプラント治療は進化したとは言え、すべての方が可能というわけではありません。糖尿病の管理が上手くいってなかったり、骨粗鬆症であったりすると手術は難しいです。一般的にも、出血が止まりにくかったり、傷口が上手く治らなかったりすると手術の難易度はグッと上がります。喫煙や歯周病も、インプラント手術の成功率を下げます。
可能か、不可能か、きちんと判断することも大事な要素です。
インプラント治療を成功させる上で、全身の健康状態は非常に重要ですので、詳しくインプラントドクターに相談して下さい。

対応策:手術が可能かどうかの医学的知識を充分に説明できるドクターを

4.天然歯との違い

インプラントは自分の歯のように咬めますが、自分の歯と少し違う点があります。天然歯には、歯根膜といって歯と骨の間に一層の膜があります。そのため、ほんの少し天然歯は動きます。しかし、インプラントは骨にしっかりと固定されているため、全く動きません。その差が、咬み合わせを難しくしています。

対応策:咬み合わせのバランスに細心の注意を払い調整し、定期的にチェックすること

5.高額な治療費

きちんとしたインプラントボディは、完全滅菌のクリーンルームで製造され、滅菌状態のまま手元に届きます。付属の部品も滅菌パックされ、必ずLOT番号が付いています。カルテには、そのLOT番号が記入されます。
そのように、一つ一つ丁寧に造られているため、非常にコストが掛かります。手術においても、細菌が骨に感染しないように、滅菌の使い捨て機材が多く使用されます。全身管理の器械も必要です。それらの理由で、結果的に治療費は高くなっています。現在の相場で、単純症例で1本約40万円前後でしょうか。
それより極端に安く設定されたインプラントは、中国製や台湾製など、僕には信じ難いです。どこかで、手間を省いているとしか思えません。
銀座眼科で起きたレーシックの集団感染事件でも、安さを追求するあまり、滅菌消毒を省いてしまっていました。安全・安心にはコストが掛かりますが、得られるものは大きいです。

 

対応策:ご自分の体のための治療ですから、価格より質を選んだ方が良いと思います

6.歯周病に弱い

インプラントが駄目になってしまう原因のほとんどは、インプラント周囲炎という病気です。インプラント周囲炎とは、インプラントの周りの歯肉が腫れて、膿が出たり、歯磨きの時に血が出たりします。何かと似ていませんか?そうです。歯周病と症状が似ていますよね。実際に、インプラント周囲炎から採取される菌は、歯周病菌とほぼ同じなのです。
つまり、歯周病の抗菌療法と同じ治療法が有効だということです。当院では、Dr.Junjiがスウェーデン・イエテボリ大学歯周病科での研修を発展させ開発した除菌療法により、歯周病に対して大きな成果を挙げている実績があります。それを応用して、インプラント周囲炎の治療にも取り組んでいます。

 

対応策:検査を行い、歯周病菌がいないことを確認してからインプラント治療を行う

メディスタイルの診療科一覧

※料金は各診療ページもしくは、料金ページにてご確認ください。
※リスク/ダウンタイムは各診療ページでご確認ください。