しみ・くすみ|神奈川県逗子市の美容皮膚科・歯科医院。逗子のインプラント・歯周病・美容皮膚科・形成外科・歯科・矯正歯科・訪問歯科診療 - 逗子メディスタイルクリニック    

しみ・くすみBlots and dullness

しみ・くすみにさよなら

しみ・くすみにさよなら

「透明感のある本来の肌色に」

しみやくすみが増えると老けて見えたり、元気がないように見えたりします。
コンシーラやファンデーションで隠そうと厚塗りすることで皮膚への負担も増えてしまいます。透明感のある本来の肌色を取り戻しましょう。

日光性色素班(老人性色素班)

30歳を過ぎたころから徐々に出現してくる、比較的境界のくっきりとした褐色のシミです。
加齢や紫外線により顔や手の甲・腕などの日光に良く当たる部分にできることが多いです。

予防法

ドクターによる日ごろの紫外線防止へのアドバイスを受けましょう。

治療法

症状や患者様の生活パターンと合わせて診断し、ドクターが治療法を提案させていただきます。
メディカルピーリング、イオン導入、トレチノインやハイドロキノンの外用などいずれの治療も適切に併用するとさらに効果的です。

シミ一つを狙い打ちする場合
QスイッチYAGレーザー

全体に徐々に薄くしたい場合

レーザーフェイシャル
フォトフェイシャル
高濃度ビタミンC点滴
エレクトロポレーション

脂漏性角化症

日光性色素斑がさらに進むと、角質に厚みが増し、いぼのように盛り上がります。炭酸ガスレーザー・QスイッチYAGレーザーなどのレーザー治療が効果的です。

治療法

炭酸ガスレーザー
QスイッチYAGレーザー

肝斑

顔全体にたくさんの士郎性角化症やイボがある肩にはトータルで除去するコースががおすすめです。
肝斑は、女性に多い症状で、他のシミともよく合併して起こります。日ごろのスキンケアの間違いや(これが原因のことがかなりあります。)化粧品のかぶれ・日焼後の色素沈着から慢性化したり、またホルモンバランスなどによっても発症することもあり、妊娠を契機に濃くなることもあります。発症箇所は両頬(ほほ)、額、下あごなどに多く、左右対称性に発生します。

予防法

ドクターによる患者様お一人お一人の日ごろのスキンケアチェックとアドバイスを受けましょう。

治療法

トラネキサム酸・ビタミンCの内服が基本となります。
さらに当院では、従来まで肝斑には禁忌と言われていたレーザー治療ですが2007年より注目されてきている新しいレーザーによる肝斑治療を行います。
その他に美白に重点をおいた新しいピーリング治療も適応になります。レチノインやハイドロキノンの外用、イオン導入なども効果的です。

レーザートーニング
ケミカルピーリング
トラネキサム酸の内服
ビタミンCの内服
イオン導入
エレクトロポレーション トレチノインの外用
ハイドロキノンの外用